厄介なうつ病の症状に要注意|ドン底から復活する術を伝授

良い病院に巡り合うために

病院

うつ病などの症状が出た場合、専門の医療機関を受診することが必要です。その際に、誤診などを招かないように注意するべきことは、患者の話をよく聞いてくれるかどうか、治療や薬の説明はきちんとしてくれるかどうかをしっかりと確認するということです。

More Detail

周囲に気づいてほしい

看護師

周囲が気づくのが一番

社会問題として大きく取り上げられている病気の一つにうつ病があります。30代・40代と働き盛りの世代で患うことが多いため、本人だけでなく会社や家庭などにも悪影響を与えてしまいます。そのため、いち早く早期発見して早期治療に移すことが大切ですが、残念ながら本人がうつ病だと自覚することは少ないです。そこで大切なのが家族や会社の同僚など周囲が気づくことです。周囲が客観的に見ることによって、発見することが多くあります。そのためには、うつ病の症状を知っておく必要があります。それは大きく心の症状と体の症状の2つに分類できます。心の症状では、抑うつ気分・思考力の低下・意欲の低下が多く見られます。抑うつ気分では気分が落ち込みや憂鬱・無表情などがあり、思考力低下では仕事能率が下がることや的確な判断が下せないことが増えます。そして、意欲の低下には今まで好きだった趣味をやめるケースやオシャレに無頓着・不安定で落ち着きのない状態になることがあります。このようなことはいつもそばにいる家族や会社の同僚などが気づきやすいものです。もしも、上記のような違和感があったなら声をかけてみましょう。そのときの反応も無反応に近いことが多いです。厄介なうつ病の症状に要注意しましょう。

診療科で診断してもらう

一方、体の症状では睡眠異常・食欲の増減・疲労や頭痛、性的機能の低下・不順などがあります。誰しも同じというわけではないため、その自覚症状があってもそれがうつ病によるものだと気付かないケースも少なくありません。また性機能の低下や不順を知られたくないため、恋人や配偶者との性行為を控えるケースもあります。恋人や配偶者が性行為を避けるようになったら、うつ病の可能性を疑ってみても良いかもしれません。このように、体と心の変化に気付けるよう時々でもいいので意識して家族や同僚を観察してみることが大切です。ただし、症状に気づいた場合は心療内科や精神科での診断を勧めるようにすることが大切です。症状があるからといっても、決してうつ病であるとは限らないですし、別の病気の可能性も考えられます。そのため、病気を決めつけるのではなく、きちんと確定することが求められます。その点、診療機関ならば適切に診断を下せますし、さらに効果的な治療法も提案してくれます。その治療によっては家族や同僚のサポートや理解が必要な時が少なくありません。そのときしっかりとサポートすることで仕事や家事などに影響を与えずにうつ病の治療を早めることができます。

早めに病院へ

レディ

ストレスが原因で、さまざまな不調がでてしまうことがあります。うつ病の患者さんは増えています。精神的な症状だけでなく、身体的な症状がでてしまうこともあるのです。できるだけ早く精神科に行くことが望ましいです。ただし、無理しないようにしましょう。

More Detail

辛いと感じるときは治療を

診察

うつ病になると典型的な症状があらわれるようになります。それらは肉体面と精神面にあらわれ、不眠症や気力の低下、そしてマイナス感情などが目立ってしまいます。症状が出てしまう原因としては、脳の機能障害の影響が大きく、これを正常に戻すためには薬物を用いた治療が欠かせなくなります。

More Detail

現代病と呼ばれる精神病

男の人

うつ病はやる気を失い、気落ちした状態が続き、その心の負担は進退にも影響を与え、不眠や疲労感など様々な症状を引き起こしてしまいます。そのうつ病を改善させるのに良い効果を発揮するものが太陽の光で、できるだけ外に出て光を浴びると良いといいます。

More Detail