良い病院に巡り合うために|厄介なうつ病の症状に要注意|ドン底から復活する術を伝授

厄介なうつ病の症状に要注意|ドン底から復活する術を伝授

良い病院に巡り合うために

病院

心の病に気づいたら

「なんだか最近落ち込んでばかりいる」、「仕事に集中できない」、「疲れてはいるのに眠ることができない」などと感じることは、人間誰しもがあることです。しかし、こういった症状が長引き、日常生活に支障をきたす場合は、心の病であるかもしれません。うつ病や統合失調症かもしれないと思ったときに、頼れるのは専門の医療機関です。その頼った医療機関がもし、患者をないがしろにするようなところであった場合、病はひどくなる一方です。そうならないためにも、医療機関の選択には気をつけなければいけません。心の病かもしれないと気づいた時に、多くの方がまず迷うのは、精神科に行くべきなのか、心療内科でも構わないのかということです。精神科は名の通り、うつ病や統合失調症などの病気が専門です。心療内科とは、精神的要因の胃潰瘍や気管支ぜんそくなどの身体的症状を専門とします。しかし、心療内科といえども、世間の精神科に対するイメージの悪さを軽減するために、名前だけ称している場合もあります。心の病を治そうと思ったら、まず精神科を受診することが賢明ですが、どちらか迷うという場合は、メンタルクリニックという名称を出している医療機関を選ぶことも手です。メンタルクリニックでは、たいてい精神科と心療内科のどちらの科目も扱っているので、気になる方はメンタルクリニックがいいでしょう。

話を聞いてくれること

うつ病のような症状に気づき、医療機関を受診するも、一向に回復の兆しが見られない場合は、医療機関選びを見直す必要があります。心の病にはさまざまな要因があって、さらにそれらが複雑に絡まって出来上がってしまいます。これらをひとつひとつ紐解いていくには、患者の心の声にひたすら耳を傾けることが必要です。初診時に、いつから、どんな症状があって、何に困っているのか、今はどんな環境で生活していて、過去にはどのような体験をしているのか、など事細かく話を聞かれない場合は要注意です。また、話をあまり聞かないうちに、病名を断言される場合も同様です。うつ病など心の病の場合、早期発見、早期治療も大事ですが、医師との信頼関係を築くことが一番の薬です。話を聞いてくれないとなると、信頼することは難しく、誤診される可能性もあります。通院中も治療によって何か変化があったかどうか、その都度聞いてくれることが大切です。それから、治療方針や治療方法、処方する薬などの説明をよくしてくれるかどうか、予約はとりやすいかどうかは、信頼できるかどうかの大きなポイントです。話をよく聞き、説明をよくする。そんなふうに患者に向き合い寄り添う医師、医療機関であれば、心の病は治すことができます。