早めに病院へ|厄介なうつ病の症状に要注意|ドン底から復活する術を伝授

厄介なうつ病の症状に要注意|ドン底から復活する術を伝授

早めに病院へ

レディ

ストレスや脳の問題が原因

社会に出ている以上、人はストレスとは切り離せないといわれています。しかし、精神的に強い人ばかりではありません。傷つきやすい方や、ストレスを溜め込みやすい傾向にある方も多いのです。精神的な病気で最も知られているのが、うつ病です。うつ病のなかでも、いくつか種類があります。ストレスなどを感じていないのに、うつ病の症状が出てしまうという方は、脳に問題があるかもしれません。セロトニンという物質が上手く機能していないことで、うつ病のような症状がでることがあるという説があります。仕事や家庭が上手く行かずにストレスを抱えている方は、精神的なものが起因しているうつ病だと考えられます。うつ病の症状には、さまざまなものがあります。気分が落ち込んでしまったり、死にたいという気持ちが消えないという方も多いです。また身体的な症状がでる場合もあります。頭痛や倦怠感、起きられない、眠気が取れないなどの症状がでる方もおられます。このような症状に悩まれている場合は、心療内科や精神科で診てもらうと良いでしょう。心療内科や精神科では、ほとんどの場合はじめにカウンセリングを受けるかと思います。生い立ちや家庭環境を聞かれることもあります。また、症状やご希望の治療方法などを聞く病院も多いです。ご希望の治療方法がある場合は、事前に病院の治療内容を下調べしておきましょう。

それぞれに合った治療を

ストレスが原因の症状の中には、睡眠障害や摂食障害などもあります。また、うつ病からこれらの症状を併発してしまう場合もあるのです。うつ病になってしまった方の中には、病院に行くことに抵抗がある方も多いといわれています。また、ご自身が病気であるということを否定してしまうことも多いのです。病気に向き合う気持ちがないと、治すことも困難となることがあります。ですから、病院に行く気が起きない場合でもできる範囲で病院に行くことが望ましいといえます。ただし、無理は禁物です。それぞれのペースに合わせた治療を行うことも大事なのです。精神科などに一度行ってしまうと、行って良かったと言う方もたくさんいらっしゃいます。昔の精神科の先生は、心無いことを言う方もいたようです。しかし、最近ではドクターハラスメントになってしまうこともあり、優しい先生が多くなってします。ですから、気負わずに行ってみるのも良いでしょう。うつ病は、酷い場合だと死を選択してしまう方もおられます。周りのサポートもとても重要です。また、最近のお薬は進歩していますので、副作用なども少なくなっています。ですから、精神的な症状を和らげるために気軽に精神科などに行く方も増えているのです。